女性の人生の節目

女性としての人生で大きな変化が訪れるのが出産や育児のタイミングです。
結婚の場合はご主人の理解があれば独身の頃と変わりなく仕事を続けられるものですが、出産や育児については以前と同じように仕事を続けることが難しい状況になります。
ある程度子供が成長するまでは自分が子育てをしたいと希望する女性が多いため、必然的に産休や育児休暇を取得しなければいけません。
出産や育児に伴い仕事との兼ね合いがうまくいかなければ、退職しなければならない状況になることも予想されます。075
キャリアプランを考えていた方にとって出産や育児が大きなネックになる可能性が非常に高いため、「結婚をしても子供は作らない」と考える女性が増えているのも事実です。
あらかじめ計画を立てていたキャリアプランを実現させるためには、確かに子供が出来た時点で大きな影響を与えることは容易に予測できます。
現在の少子化傾向が続いているのは、経済状況が冷え込んでいることから仕事を続けたいと考える女性が増えていることが根底にあります。
出産や育児を経験しても、女性が描いたキャリアプランを実現できる環境を整えてくれる職場がどんどん増えると、少子化傾向にも歯止めがかかると考えられます。

家庭と仕事を両立させるためのプラン

子育てと仕事のキャリアを両立させるのは非常に難しいのが現在の日本社会の現実ですが、簡単に諦めてはいけません。
大手の企業をはじめとして、人材不足の傾向が強いためできるだけ良い人材を確保したいと考えている職場では、子育てをしている女性でも安心してキャリアアップを図れるように応援しているケースもたくさんあります。

女性のキャリアプランには職場選びが重要

出産や育児をキャリア形成の邪魔になると感じさせることなく、安心して両立できる環境を提供する職場を探すことがこれからの女性にとって必要と考えられます。
職場の上層部が子育てとの両立に理解があっても、肝心の職場内で理解を得られなければ意味がありません。
職場の同僚や上司から理解を得るためにも、子育て中であることを理由にしてあまりにも仕事に悪影響が出る働き方は避けるようにしてください。
あまりにも仕事に支障が出る行為ばかり繰り返していると、職場に居にくい環境を自ら作ることになります。

このように出産や育児と仕事のキャリアを両立させようとするのは決して簡単なものではありません。
できるだけ周囲に迷惑をかけることがないように配慮しながら仕事を続けるのは難しいものですが、決して不可能ではありません。
具体的にどのように両立を図るべきか考えてみましょう。