介護業界特有の事務作業に必要

介護業界では特殊な事務作業が必要になるため、専門的なスキルを持っていることを証明する介護事務の有資格者が優遇される傾向があります。
今後は高齢化社会がどんどん進み、特別養護老人ホームや在宅介護サービスなど介護関連事業を手がける会社が増え、求人案件も増えていくと見込まれています。
女性のキャリアプランにも必ず役立つ資格になるため、事務系の職種に就く場合はスキルアップを目指すためにも取得しておきたいものです。

参考:介護事務の1日のスケジュール

介護事務の概要

介護関連事業に関する事務作業が主な仕事になりますが、特徴的なのが介護報酬請求事務です。
介護サービスを提供するにあたって発生する費用は、1割は利用者様が負担して残りの9割を自治体が負担することになっています。
介護保険の仕組みや計算方法は特殊なケースが多いため、一般事務の知識ではなかなか理解できない部分がたくさんあります。
介護事務の資格を持っている方は専門的な知識をしっかり習得しているため、即戦力として仕事に従事できるメリットがあります。
それぞれの事業所ごとに専用システムを導入している場合も多いため、最低限パソコンを使いこなすスキルも必要になります。
主催している団体によって介護事務の資格はケアクラーク技能認定試験や介護事務管理士など複数存在しています。
基本的に学習する内容はほとんど同じなので、どの事業所でも共通して通用する資格として認識されます。

受験資格

受験をするにあたって特に必要な学歴や実務経験はありません。
どなたでも受験できるシステムになっています。
キャリアプランを形成する一環として気軽に取得を目指せる資格です。

学習方法

学習方法は通信教育や通学、独学などがありますが、最も効率良く学習する方法として人気が高いのは通信教育です。
自宅で自由な時間に学習を進められるため、忙しい女性でも無理なく勉強できます。
通信教育によっては自宅で試験を受ける在宅試験が認められている場合もあります。
わざわざ受験会場まで足を運ぶ必要もなく、テキストを見ながらでも試験を受けることができるため、合格しやすい特徴があります。
より一層理解を深めたい場合は通学を選択して直接講師に指導してもらうのがおすすめです。
通学する時間が決まっているためスケジュールに余裕がなければいけないデメリットがありますが、わからないことを直接聞いて確実に理解できるメリットがあります。
独学でも十分合格は狙うことが可能なので、自分の都合に合った学習法を選択してキャリアプラン形成に役立てて下さい。