現代の食事情を支える仕事

食生活アドバイザーとは、一般社団法人FLAネットワーク協会が主催する資格試験の一つです。
資格を取得することで、スーパーやデパートなどの食品を販売提供する施設でその食べ方を提案する仕事をしたり、飲食店でのメニューづくりをしたりといったような食に関する仕事をしていくことができます。

他にも医療や介護の現場で提供する食について考えるスタッフとなったり、まかない付きの寮や学校の合宿などでの調理にも携わることができます。

仕事としてではなく家庭生活における食事の知識を備えるために試験を受ける人もおり、生活全般に役立つ実用性の高い知識が得られる資格として人気が集まってきています。

試験概要と実際の業務

試験は毎年2回開催されており、1~3級までの段階から自分の理解度にあわせて受験をすることができます。
公式の受験講座も開催されていますが、資格試験には受験資格はなく誰でも試験申し込みを適切に行うことで受験可能です。

試験はきちんと勉強をすることで比較的簡単に合格をすることができるので、これから食に関する仕事をしたいと思っている人の導入資格としても最適です。

専門的な栄養士や管理栄養士、食育インストラクターといった資格をあわせてとっていくことでより専門的な仕事をしていくことができます。

食生活アドバイザーの取得が勧められる例としては、訪問介護や飲食店に勤務している人が専門性を高める目的で受験するという方法です。
保育士や教師の資格にあわせても有効なので転職活動前にとっておくのもよいでしょう。