女性に人気の職場

キャリアプランの計画を立てている女性に人気が高い資格として調剤薬局事務があります。
調剤薬局では医療事務と同様に専門的な知識が必要になる事務作業を行っています。
無資格者でも就職することはできますが、有資格者なら大まかな仕事の流れを説明するだけでもすぐに仕事をこなせるため、採用する側の意見としてはできるだけ有資格者を優遇して採用したいと考えているケースが多いです。
調剤薬局事務の資格さえ持っていれば、いつでも求人案件があった時に応募して採用される可能性が高くなるため、結婚や出産などのタイミングで一旦現役の職場から退いた方も、職場復帰しやすいメリットがあります。
最近は医療機関で直接医薬品を処方してくれるケースが減り、近くにある調剤薬局で処方してもらうケースが多くなっています。
医療機関がある限りは調剤薬局も共存していけるメリットがあるため、求人案件が途切れることもない職場としても人気があります。

参考:調剤薬局事務講座

調剤薬局事務の概要

調剤薬局事務の資格は主催している団体が複数存在しているため一概には言えませんが、基本的には自宅受験も可能です。
自宅で修了試験を受験し、所定の成績を収めた方が資格を得られます。
実務でも資料を確認しながら書類を作成する業務が主になるため、試験でもテキストを確認しながら受験できるメリットがあります。
ある意味答えを見ながらテストを受けているのと同じようなものなので誰でも簡単に合格出来そうな気がしますが、きちんと学習内容を把握していなければ正確な書類を作成できずに不合格になります。
逆に言うと、しっかりと要点を抑えて学習を進めていれば比較的簡単に合格を目指せる資格です。

受験資格

基本的にはどなたでもお気軽に受験して頂ける敷居の低い資格です。
検定試験にもよりますが、頻繁に実施されている試験も多いため短期間のうちに何度でもチャンスが訪れるメリットがあります。
調剤薬局に限らず、医療機関関連での仕事に就きキャリアプランを高めたいと考えている方なら取得しておいて絶対に損しません。

学習方法

調剤薬局事務の場合は無資格でも就職可能になるので仕事をしながら合格を目指して勉強している方もいます。
覚える内容は限られているためさほど難しいと考えることも少ないです。
通信教育や通学、インターネット受講など様々な方法が考えられますが、どの方法も短期間の学習で合格を目指せます。
効率良く学習を進めてキャリアプランを立てるためにも、今まで受講を経験している方に役立つ資格を聞いておくと良いでしょう。