「介護の道しるべ」として活躍しているケアマネージャー

超高齢化社会になるのではないか…と言われつつある日本社会。
確かに、若い世代よりお年寄りの世代の数が増えており、今後の年金の行方に不安の声があがっています。
さて、そんな風にお年寄りが増えると取り沙汰されるのが「介護」の問題。
今は核家族化がすすんでいますので、どうしても一人暮らしのお年寄りが増えてしまっています。
さらにいえば、離れて暮らしているために親の介護をすることができず、介護施設などに親の世話を頼むしかない…という人も増加しています。
だからこそ、「介護」について考えるのはとても大切なこと。
そんな介護の世界で「道しるべ」として仕事をするのがケアマネージャーです。

ケアマネージャーってどんな仕事?

介護が必要だと認定されると、「介護保険」を使うことができるようになります。
ケアマネージャーは、介護が必要な人がどういった支援を受けることができるのかなどを家族に説明します。
介護保険と言うのは素人には解りにくい側面がありますので、それを1から説明して理解を促す人が必要になります。それを担うのが、ケアマネージャーと言うことですね。
また、ケアマネージャーは「その人にはどんな介護プランがいいのか」を考え、アドバイスをするという役割も担っています。
家族と本人が健やかに生きることができるためには、どういったプランが必要なのか?についてケアマネージャーが考え、実際に介護プランを提示します。
このように、ケアマネージャーの仕事はいわば「介護の道しるべ」。
介護プランについて良く知らない人、また介護プランを必要とする人にプランを実際に提供することが仕事になりますので、介護の道しるべとして非常に難易度の高い仕事をこなさなければなりません。

介護が必要な人、またそれを支える家族のために何ができるのか?がケアマネージャーの仕事になりますので、ケアマネージャーの仕事をしたいと考えている人はそのことをしっかりと考えてほしいですね。

なろうと思ってすぐになれるわけじゃないケアマネージャー

また、ケアマネージャーとは「なりたい」と思ってすぐになることができるものでもありません。
国家資格があるか?ないかによってもケアマネージャーのなり方が違ってきますので、このあたりのこともきちんと調べておく必要があります。
ケアマネージャーという資格自体は今後おおくの需要を見込めますが、それだけに責任重大で非常に大変な仕事であることははっきりしていますので、