医療機関の事務作業に必須

出産後のキャリアプランを考えている女性の中でも、安心して続けられる仕事がしたいと希望している方に人気があるのが医療事務です。
医療機関で行う事務作業を担当しますが、医療機関特有の事務作業を行う必要があるため専門的な知識とスキルが必要になります。
基本的には無資格者でも就職することもできますが、何も知識がない状態から仕事を始める方と、既に知識を得ている方は仕事の覚え方や独り立ちできる速さが全く違うものです。
医療事務の有資格者は即戦力として優遇される傾向があり、医療機関の多様化が進めば更にニーズが高まることから、これからも有望な職種として期待されています。
今後は事務系のキャリアプランを計画している方はぜひ取得を目指したい資格になります。

参考:医療事務が女性に人気のある理由は?

医療事務関連資格の概要

医療事務の資格取得者は女性の就職や転職に有利になるとされていますが、主催している団体によって複数の種類が存在しています。
それぞれの資格によって学習する内容に若干異なる部分があっても、基本的な内容については共通する部分がほとんどです。
主催している団体によっては合格者に就職のサポートをしてくれる場合もあるためキャリアプランの計画が立てやすくなります。
医療業界との深い繋がりがある団体が主催している資格を持っていると就職がしやすい場合がありますが、元々医療機関が少ない地方部では恩恵を受けにくい面もあります。

受験資格

医療事務の場合は基本的にどなたでも受験資格を得られます。
中には所定の講習を受講した方に限るなどの条件が設定されている場合もあるため、事前に確認が必要です。
受験資格があってもかなり専門的な知識を問われるため、事前に学習を進めなければいけません。

学習方法

医療事務の場合は無資格者でも仕事に従事することができるため、仕事を実践しながら並行して資格取得に向けて学習する方も多いです。
過去問題やテキストを確認しながら独学でも合格を目指すこともできますし、通学や通信教育を受講する方法もあります。
ライフスタイルや予算の都合を考えてどの学習方法が自分に適しているのか確認する必要があります。
独学の場合は完全に自己責任で学習を進めなければいけないため、わからない部分について教えを請うことができないのは最大のデメリットになります。
通学の場合は人対人で学習を進められるので、勉強しやすい環境が整えられています。
通信教育については自分の好きな時間に勉強ができるメリットと、わからない部分は添削問題やメールでも問合せができるメリットがあります。