1.  
  2.  
  3. 行政書士

行政書士

活躍の場が広がる国家資格

将来性の高いキャリアプランを検討している方にとって国家資格は非常に難易度が高い内容が多いですが、役に立つ資格が多いものです。
中でも将来有望な資格としておすすめなのが行政書士です。
士業と呼ばれる仕事の中でも独立開業を目指すことができる資格としても有利になる資格になります。
女性ならではのきめ細かい業務にも活かせる資格になるため、結婚や出産など人生の転機が訪れる時に合わせて資格取得を目指す方が多いです。

参考:行政書士になるには

行政書士の概要

行政書士は都道府県市町村の役所や各省庁などの官公署に提出する専門的な書類の作成や提出手続きの代行を行ったり、業務に付随する相談を受ける仕事を行います。
取り扱う書類の種類はとても多く、法律に関する幅広い知識も要求されます。
法律に関するプロとして仕事を担う弁護士よりも身近な存在として感じている一般の方も多く、行政書士として行う仕事の役割はとても幅広くなっています。
行政書士の有資格者は就職や転職の際に必ずプラスになり、資金さえあれば独立開業して活躍することも夢ではありません。
一生ものの資格として活用できるため、合格を目指して学習した期間は決して無駄にならないと言われている資格です。
国家資格の中でも難易度が高い部類になりますが、社労士や司法書士よりも合格率が高めになっていることから、要点を抑えた学習をしていれば一発合格も夢ではないとされています。

受験資格

国家資格の多くは学歴や実務経験などがなければ受験できない場合が多いですが、行政書士の場合は受験資格に制限はありません。
しっかりと学習を進めてきた方ならどなたでも受験資格を得られるメリットがあります。
キャリアプランを計画するうえで、行政書士試験に合格していれば色々な選択肢が広がるため、積極的に挑戦して何としてでも合格を目指したい資格になります。

学習方法

行政書士の学習法としては独学、通信教育、通学などの方法がありますが、人によって最適な学習法は異なるものです。
独学の場合は自分の好きなペースで学習を進められますが、要点をうまく抑えられずに覚えきれない内容が多くて途中で挫折する方も少なくありません。
通学の場合は忙しい女性にとっては時間の都合がつかない場合が多いですが、講師から要点を抑えた学習の進め方を伝授してもらえるメリットもあります。
両方のメリットを実感できる通信教育の場合は、自宅で自分のペースを守りながらカリキュラムに沿って学習できます。
わからない部分は質問できる特典が用意されている場合もあります。
キャリアプランを考えるうえでどの学習方法が効率良く勉強できるかじっくり検討しましょう。