社会人なら必ず役立つ

女性に人気が高く、キャリアプランにも役立つとして注目されているのが秘書検定です。
キャリアアップを目指す女性にとって最低限のビジネスマナーを身につけることはとても大切です。
秘書として仕事に従事する方はもちろん、キャリアウーマンとしてバリバリ仕事をこなしたいと考えている方にも役立つ一般常識も身に付けることができます。
女性らしい気配りや上司との付き合い方、事務処理における一般的な技能などを習得することができます。

参考:「秘書検定」ってどんな検定?

秘書検定の概要

秘書検定は1級から3級、準1級を含めて4段階に分けられています。
それぞれの試験では5つの領域から問題が出題されますが、一番出題数が多く秘書検定のメインになるのがマナーや接遇の領域です。
現代人の女性は社会人として身に付けておくべきマナーや言葉使いがきちんとできていない方があまりにも多く、「これだから最近の子は…」と溜息混じりに嫌味を言われる方が多いものです。
立派な社会人として恥ずかしくない行動をとり、キャリアプランの形成にも役立てるためにも秘書検定で学習する内容は多いに活用できます。
3級と2級は一次試験のみ、準1級と1級は一次試験に合格後二次試験が実施されます。
一次試験ではマークシートで回答する選択問題と、記述問題が出題されますが、1級では記述問題のみが出題されます。
二次試験では面接が実施され、質疑応答の他にもロールプレイングが実施されます。
話し方や言葉使い、仕草、態度、立ち居振る舞い等様々な面で総合的に審査されます。

受験資格

特に年齢制限や学歴などの条件に指定はなく、どなたでも受験できます。
一般的には女性の受験者が多いですが、男性の受験者も増えています。
3級から段階的に受験することもできますが、自信がある方は2級や準1級などに挑戦しても問題ありません。
1級に関してはかなり難易度が高いため、できれば基礎をしっかり習得するためにも2級か準1級から始めることをおすすめします。

学習方法

参考書で独学の勉強法も可能で、3級や2級なら十分合格を目指せます。
2級を取得していると社会人として最低限のマナーを習得していると認知されやすいです。
準1級以上になるとかなり難易度も高くなるため、社会的な信頼度も非常に高くなるためキャリアプランにも活用できます。
通信教育でも効率良く学べる教材が存在していますし、きめ細かい指導を受けることができる通学を選んで確実に合格を狙う方法もあります。