国家資格の中でも女性が最も注目

女性らしさを活かせる資格として人気が高いのが社会保険労務士です。
いわゆる士業の中でも女性が活躍している割合が高く、思い描いていたキャリアプランを実現させている方も多いです。
社会保険労務士は健康保険などの社会保険に必要な書類の作成や提出、労働者名簿や賃金台帳などの帳簿の作成などを行います。
社会保険労務士しかできない独占業務も存在しているため、会社でのニーズが高いことから女性がキャリアプランを検討するうえでとても役立つ資格になります。
企業に勤めるだけでなく、独立開業をして自分の力を試せる良いきっかけを作れるメリットもあります。

参考:社会保険労務士の基礎知識

社会保険労務士の概要

労務や年金など幅広い知識を持ち、書類の作成や手続き、コンサルタントなどの業務を担います。
細かい書類の作成を実施する機会が多く、得た知識を日常生活でも活かせることから女性の有資格者が多い特徴があります。
国家資格の士業として難易度が高い資格としても知られており、合格率は10%を下回る一桁台が多いです。
マークシート方式の選択問題ばかりですが、問題が非常に難解なので確実に回答できる知識を得ていなければ合格基準まで達しにくいと考えられます。

受験資格

社会保険労務士の受験資格としては、短大卒以上の学歴がある方、行政書士資格を取得している方、一定の実務経験がある方が該当します。
これらの条件に該当しない方は受験することができません。
キャリアプランを実現させることを夢見て受験する女性も多く、合格者のうち約4割程度を占めています。

学習方法

社会保険労務士は健康保険法や国民年金法、厚生年金保険法など8種類の法律をしっかり理解しなければいけません。
難解な問題があまりにも多く、法律をしっかり覚えているつもりでもかなり混乱することが多いものです。
実際に過去問題を解いてみるとわかりますが、テキストを見ながら回答しても間違えてしまうほどわかりにくい問題が出題されます。
学習内容があまりにも多くて幅広いため、独学で合格を目指すのはかなり難しいと考えられます。
しっかりと要点を抑えつつ、効率良く学習するためには通信教育や通学で合格を目指して下さい。
法律によってはなかなか理解できない内容があるため、何度挑戦しても正答を得られない場合は苦手科目になっている可能性があります。
一度苦手意識を強く感じると、そう簡単には弱点克服ができない状況になります。
苦手な科目は特に重点的に反復練習を重ねて、確実に点数を落とさない努力をして下さい。