1.  
  2.  
  3. 女性ならではの強み

女性ならではの強み

積極的なアピールを

キャリアプランを設計するうえで、仕事とプライベートをどう両立させるべきかしっかり考えておくことが大切ですが、女性であることを活かしてどんどん強みをアピールすることが大切です。
あらかじめ計画したキャリアプランを実現させるためにも、職場の上司や同僚からも仕事をするうえで女性であることがデメリットとして捉えられることがないようにしておきたいものです。
女性の場合は結婚や出産などのライフイベントの度に仕事に影響を及ぼす可能性があります。
子供が風邪をひいて熱を出したので仕事を休まなければいけない、ご主人の転勤で引っ越ししなければいけないなど、仕事よりも家庭の事情を優先させなければいけない事が多くなります。
そんな時に「これだから女は…」とマイナスイメージを与えることがないように女性の強みを活かしたキャリアプランを考えてください。

参考:女性のいいところ、困るところ

女性ならではの魅力を活かす

女性は男性よりも細かい気配りができることが大きなメリットになります。
特に多くの顧客を抱えている営業職の場合は男性と女性の違いが顕著に見られやすいものです。
取り扱う商品によっても異なりますが、男性よりもきめ細かい気配りができるため女性の営業職が有利になる場合が多いです。
例えば生命保険の営業職は女性が多く、生保レディーとして活躍している方がたくさんいます。
戦後に夫を亡くした女性が自分の力で生きていくために何とか仕事をしなければいけないと奮闘して営業職に就く人が増えたのが生保レディーの始まりだといわれていますが、現在は女性ならではの視点でお客様のために良い保険商品をお勧めするという形のセールスが多くなっています。
当然ながら売上をアップさせるほど自分の報酬アップに繋がるのは間違いありませんが、だからといって不必要な保険をお客様に勧めるわけにはいきません。
男性の場合はある意味強引に契約を勧めようと考えているのがわかりやすいものですが、女性の場合は消費者目線で必要性を訴えることでお客様に納得してもらえるメリットがあります。
営業職に限らず、男性と一緒の職場で仕事をしている方は女性である強みを積極的にアピールしてください。

ライフスタイルの変化に伴い、仕事とプライベートの両立が次第に難しくなる女性が今までのキャリアを活かすにはかなり苦労することも多くなるはずです。
逆境をバネにして女性の強みをアピールできる働き方が可能になると、プラスになることが増えてくるものです。
コミュニケーション能力を積極的に磨き、女性特有の視点で仕事に活かせるように心がけましょう。