1.  
  2.  
  3. 女性が長く働くには

女性が長く働くには

キャリアプランとライフプランを両立する

男女雇用機会均等法が改正されていくにつれて仕事とプライベートを両立できる機会が増えたことから徐々に社会進出する女性が増えています。
家計を支えるために子育てが一段落した主婦が職場復帰を目指すケースも多く、今後は配偶者控除が検討されていることからも増々専業主婦が社会進出をするのではないかと見込まれています。
このような状況の中で女性も男性と同じようにライフプランに左右されることなくキャリアプランを形成したいとかんがえる方も増えています。
今まではライフプランが優先されてキャリアプランが後回しになるケースが多く、残念な思いをしていた女性も多かったですが、これからはライフプランとキャリアプランの両立を目指すことが大切です。
できるだけ女性が長く働くためにはどのように考えるべきなのか確認してみましょう。

参考:女性が長く働けるコツ

ライフプランとのバランスを考える

女性の場合は仕事を続けるにあたって家族や家庭の状況を考えながら最適な職場や仕事を探す必要があります。
例えば遠距離恋愛中の方がいよいよ結婚することになった場合は、相手が暮らしている土地に引っ越して現在の職場を辞めて専業主婦になるか、新しい土地で職探しをするか、相手がこちらに来てもらい職を探してもらうかなどの選択肢が生じます。
どれを選んだとしても将来の自分にとってキャリアアップに繋がって家庭との両立を図れる職場や仕事なら問題ありませんが、何か犠牲にしなければいけない職場や仕事なら選ぶべきではありません。
無理に仕事をしても長続きできずにすぐ辞めてしまう結果になりかねません。

優先すべきものを考える

ライフプランとキャリアプランのどちらを優先させるべきか考えてみると、当然ながらライフプランを優先させるという方が圧倒的に多いはずです。
自分だけでなく、家族の状況も考えながらどのような働き方が最善策なのか考えてください。
あらかじめ設計したプラン通りに人生が進むわけではなく、計画には無かった事態が発生することも予想されます。
元々子供を作る予定がなかった夫婦が子供を授かったため奥さんが仕事を辞めることになってしまったとか、親が経営していた会社が倒産して資金援助を受けることができなくなったなど予想していた未来設計と異なる人生を歩むことになるかもしれません。
万が一予定通りにいかなかったことも考えながらキャリアプランを検討することも大切です。
予想もしていなかった事態になっても仕事には大きな影響を与えずに続けられる職場を選びたいものです。